古いものや新しいもの

ワイン

骨董のバリエーション

買取方法は業者によっても違いがあることはもちろん、骨董品の取扱のみという業者もいれば、古美術・民芸品などまで査定してくれる業者までがいます。また、店頭・宅配・出張サービスが一般的となる買取方法ですが、それだけでなく、高値で落札されるケースもあるのがオークションです。もちろん、個人が出展できるケースはマレで、こうした買取専門となる業者に依頼をしてオークションに出してもらう方法になります。参加するのは、コアなマニアやバイヤー、コレクターの存在が大きい割合を占めているので、通常の買取額よりも高値がつきやすいのも特徴です。ちなみに、骨董品は希少価値のある古美術や古道具を指していますから、本来の買取対象となるのは100年以上も前の品です。ですが、歴史を持つ骨董品買取屋では、新しくとも価値のあるものであれば、査定も可能という対応をしてくれています。それは、時代や客のニーズによるところが大きいようです。骨董品の買取サービスは、地域性にもよって買取額さえピンキリで、お茶などで有名所であれば、茶道具や陶磁器が高額となりやすく、アニメなどで人気のエリアではブリキのおもちゃも立派な骨董品として査定してくれます。100年以上前でなく、30年や50年ほど前に作られた品であれば、高価買取の期待もあるようです。ちなみに、アンティークやジャンク、ビンテージなどの表現であれば、海外マニア向けの品を求めている傾向です。